2018年08月22日

サービス評価研修とアイデンティティ

 昨日、協会のサービス評価研修に参加してきました。サービス評価の目的は、自己評価することで自分の仕事での現在地を確認し事業所評価ですりあわせ、事業所の現在地を確認する。現在地を明確にするためには「できていること」「できていないこと」確認し合い、事業所としての目標をたて、課題に取り組んでいくものです。取り組む中で悩み、考え人は成長していきます。

 アイデンティティの確立も上記の取り組みとほぼ同じ考え方だと思います。自分がどんな人間か知ることで自分の現在地がわかり、人生の方向性が定まります。自我が確立するためには、人間には誰でも持っている「善と悪」を認めることが必要。現在地がわからないと様々な問題が生じます。子供にも影響するそうなので、早めに確認しておいたほうが良いのではないでしょうか。

例:宮古から仙台に行くときは、「ナビ」を設定すれば行くことができますが、道を覚えることはできません。仕事においても「ナビ」=「指示された仕事をしている」人は、漠然と仕事をこなしているのではないでしょうか。仕事を覚え、成長するためにも自分の現在地を確認しては如何でしょう。
posted by かのん at 16:03| Comment(0) | 研修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: