2018年12月06日

第13回実践報告会

11月29日(木)
 岩手県認知症高齢者グループホーム協会といわて小規模多機能型居宅介護事業所協会の実践報告会があり205名の会員の方々が参加。私は、午前の部でパネラーとして参加させていただきました。午後の部は二部屋に分かれて報告会が行われ、「夢を叶えるプロジェクトを通じて」の発表を拝聴し、ご利用者の夢を職員と一緒になって、叶え、その後の生活が落ち着いたとの報告でした。この変化は、職員と一緒にご利用者の「夢を叶える」=「思い出」をつくったことがポイントではないかと考えられます。「生きがいを強固にするものは、思い出である」と言われています。施設での新たなインパクトのある思い出づくりが、ご利用者の施設での生活(生きがい)を強固なものにし、心が安定したのではないかと推測できます。
 日々、業務での仕事が重なると自分の役割やご利用者の思いに意識を向けずらい状況になりがち。「思い」「拘り」を叶える支援は職員の「やりがい」やご利用者の「心の安定」に繋がる役割になり、結果質の良いサービスになると思います。
posted by かのん at 10:32| Comment(0) | 研修

文化祭

11月3日
 文化祭開催しました。たくさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました。当日は関係者から自宅で使わなくなった品々を持ち寄ってバザーを行い、地域の方々にご購入いただきました。売上金合計30,010円を宮古市ふるさと寄付金へ寄付させていただきました。今後も続けていきたいと考えておりますので来年もよろしくお願いします。
posted by かのん at 09:29| Comment(0) | くらし